醒めない夢

オリジナルBL小説ブログ

ご挨拶、お知らせ、目次など♪

-
こちらは麻斗 結椛が運営するオリジナルBL小説ブログです。お立ち寄りいただいてありがとうございます♪拍手ボタンやランキングバナーへの応援にも、合わせてお礼申し上げますm(_ _)mいただいたコメントへの返信は、お礼ページ に記載しています。全ての作品は、総合目次からご覧いただけます。→【総合目次】「Dear my devil」(2018/06/24〜)ノンケ勤労少年。頑張る恋の物語。不定期更新。以下の「遠回りの恋」関連のSSを全て非公...

Dear my devil 第1話(07)

-
「え、ちょっと、まさか……」 石倉は慌てふためき、部屋を飛び出していった。 訳が分からず残された真桜は、抜け殻のように呆然とベッドに横たわっていた。(宅配便かな……でも命拾いした……ほんの少しだけどさ……) 石倉が戻れば行為は再開される。 覚悟を決めたつもりでも、やはり逃げたい気持ちは変わらなくて。 一方で我慢すれば大金がもらえるのだと、何度も自分を叱咤するのだけれども。(殺されるわけじゃない……男だから妊...

Dear my devil 第1話(06)

-
 十七年間、真桜はキスはもちろん、誰かと付き合った経験すらない。 日々の生活をこなすのに精一杯で誰かを好きになる余裕もなく、中性的な容姿ゆえに女子の恋愛対象にはならなかった一方で、男子から告白されることはあったが、同性からの恋情は真桜の性質上、当然受け入れられなかった。 そんな奥手の真桜も年頃ゆえ自慰はする。それでも狭い我が家で兄弟の目を盗んでするのが面倒で我慢してやり過ごしているうちに、性的欲求...

Dear my devil 第1話(05)

-
「わお。タロウくん、豪快な脱ぎっぷり。でも思った通り、かなり華奢だねえ」 他人に裸を晒すことになんら抵抗はない。 ただいくら食べても太れない細身の体型は、真桜のコンプレックスで、それを指摘されるのは男としてかなり悔しかった。「それにしても、色白だと思ってはいたけどさ、身体は日に晒されない分、抜けるように白いね。もしかして外国の血、入ってたりする?」「……さあ、知らないです」 真桜が物心つく頃前に両親...

Dear my devil 第1話(04)

-
「まおちゃん」「は、はい!」「準備できたから、こっち、来てくれる?」 馴れ馴れしい声かけに、真桜は物思いからはっと我に返ると、隣の部屋から男が真桜を呼ぶ姿が見えた。 ほんの僅かに、威圧的な雰囲気を感じ取ったような気がしたが、気が急いていた真桜は深く考えず慌てて立ち上がり、言われるがままにおずおずと隣室に足を踏み入れる。 整理整頓されていないリビングとは打って変わって、隣室は 思いの外きちんと片付い...

Dear my devil 第1話(03)

-
 昼前のオフィス街。 ビル清掃の仕事が終わった真桜は、疲れた身体で家路につこうとバス停に向かって歩いている。(今日はコンビニのシフト入ってなかったんだっけ……夕方からの居酒屋のバイトの前に、ちょっとだけ家で眠って、家事して、それから保育園お迎え行って……ああ、ほんと、マジで疲れた) いつも頭の中は次の行動の段取りでいっぱいだ。 自分でも頑張りすぎているのは分かっている。 でも兄弟の前では絶対に弱音は吐...

Dear my devil 第1話(02)

-
 今年の春、真桜が勤務していた自動車修理工場が倒産した。 社長は頑固で厳しい人だったが、中学を卒業したばかりで、全く使い物にならない真桜に手取り足取りで職人技を仕込んでくれた。 必死に仕事を覚えようとしていた真桜だが、景気悪化に伴う資金繰りに苦しんでいた社長は、苦渋の決断で会社を畳んでしまった。 入社たった一年で職を失うはめになった真桜は、途方にくれた。 真桜の複雑な家庭環境を知っている社長は、せ...

Dear my devil 第1話(01)

-
苦労人受けくんの初恋物語。書きながらの連載なので、更新は週1,2ペースくらいになるかと。かなりのんびりですが、どうぞお付き合いくださいませ(*^^*)...

beach date

-
溺愛シリーズ。超短編。清史郎x智秋。...

近況報告

-
今年二回目の近況報告。最後の更新から一月以上経過して広告表示のせいで大変見づらかったと思います。失礼しました。広告を非表示にするための記事作成は心苦しいのですが、背に腹は変えられず……。近況報告と銘打ったものの、特にご報告するようなめぼしいイベントはなく、強いて言えばtwitterのほうでちらほら触れていたのですが、今月は取り巻く環境が変化しそわそわ落ち着かないこともあって、ブログもtwitterも、そしてエブリ...