Miracle Love 03(R18)

麻斗結椛

R18表現が含まれています。年齢に満たない方、物語の設定や内容が苦手な方は、閲覧をご遠慮下さい。



※ ※ ※

 
「あん……てっちゃん……やだ……そんなとこばっかり……」
「気持ちいいくせに、ほら、もっと感じろって」
 明日は瑞樹は夜勤で、徹大は遅番。
 早起きをしなくていい夜は、二人はセックスをする。
 以前のような最後までしない触り合いではなく、ちゃんとした性交だ。
 二人は一応ルームシェアという体裁だ。
 個室はそれぞれ持っているが、瑞樹は徹大の部屋のベッドで寝る。
 毎日セックスするわけではなくても、彼の温もりと匂いに包まれているだけで十分満足で、たまの夜勤明けの一人寝は、以前は平気だったのに、最近は寂しくてしかたがない。
 ふたりとも全裸で、瑞樹は仰向けに横たわり、その上に徹大が覆いかぶさる。
 前戯で、散々キスされたせいで、瑞樹の唇はぽってりと腫れてしまった。
 こんな唇で明日病院に行ったら、先輩看護師たちになんて言われるだろうか、と一瞬考えるが、「おい、余計なこと考えんなよ」と徹大に乳首を甘噛されて、「やあっ……」とのけぞる。
 小さな胸の尖り。こんな部位、男には不要な器官だとずっと思っていたのに。
 だけど徹大に愛撫されるようになって初めて、こんなにも感じる箇所だと知ってしまった。
 チュッチュッと徹大が瑞樹の乳首を吸い上げるたび、に甘い疼きが遠く離れた下腹部を刺激する。
 乳首を交互に舐められ、指先でこねられ、意識せずとも、快感に身体がはねてしまう。
「てっちゃん……」
 うまく言葉が繋げず、彼の目をぼんやり見ると、とろりとした眼差しは明らかに情欲が浮かんでいて、こんな貧相な身体に欲情してくれているのだと、それだけでうれしくて胸がいっぱいになる。
「可愛い顔で煽るなよ……瑞樹」
 そう言うと、徹大は乳首に吸い付きながら、瑞樹の性器にそっと手を添えた。
「あっ……やだっ……」
「やだじゃない。いい、だろ。もう、ぬるぬるだし。瑞樹、エロいな」
「やだ、てっちゃん、そんな風に、言わないでよう……」
 昼間、客の髪に触れる細い指先が、今、瑞樹の性器の先端を優しく撫でまわす。
 そこは徹大に揶揄われても仕方がないくらい、とろとろに先走りが溢れていた。
 徹大はそのぬめりを利用して鈴口を強く刺激しつつ、竿を上下に扱く。
 ぬちゃぬちゃと淫靡な水音が、瑞樹の耳を犯して、恥ずかしいけれど、もっとして、と心の中でねだってしまう。
 セックスにまだ慣れていない瑞樹は、徹大の百戦錬磨な手管の前では赤ん坊同然で、簡単な愛撫で、欲望が身体の奥で溢れて、爆発寸前にまで追い詰められてしまう。
 今もそうだ。
「いく、いっちゃう、てっちゃん、だめって」
 容赦ない扱きに、快感を逃そうと、無意識に逃げようとするが、徹大に体ごとがっちり抱かれて、身動き出来ない。
「うるせえな。ほら、さっさとイケよ」
 乱暴な台詞と同時に、乳首をぎりっと少し強く噛まれた瞬間、瑞樹はびくんと電気が走ったように跳ねて、達した。
「ああっ……」
 瑞樹の性器からびゅうと白い粘液が吹き出し、それを絞り出すように、徹大はしつこくしごき続ける。
「も……やめて……」
 イッた後にいつまでも刺激されるのは、辛い。
 それに噛まれた乳首がじんじんと痛くて、でもそこに快感がじわりと残って、もっと触ってと強請っている。
「胸でイクとか、女みたいで、可愛いな」
 女、というキーワードは、まだ瑞樹の心を不安定にさせる。
 徹大は男が好きというわけではないのだ。
 ストーカーの如く、しつこい瑞樹に根負けして、気持ちを受け入れてくれた。
 セックスするなら、女性がいいに決まっている。
 胸があって、抱き心地がいい、挿入に手間のかからない女性が。
「ん? エロい顔して、どうした?」
 瑞樹はきっと情けない顔をしているのだろう。
 分かってる。徹大には何の他意もないのだ。
 今は瑞樹を可愛がってくれているのだから、それでいいではないか。
 いちいち深刻になっては身が持たない。
 今は彼に抱かれる喜びに、浸ろう。
 ティッシュで瑞樹の性器と自らの手を拭った徹大は、瑞樹の柔らかい頬に唇を寄せた。
「ううん……なんでもない。ねえ、てっちゃん、挿れなくていいの?」
 瑞樹は彼の両頬に手を添えた。
 徹大が瑞樹で感じてくれているのは、彼の固くそそりたった性器が瑞樹の下腹に触れているから、分かる。
「よかねえよ。こんなになってるのに。今度は、瑞樹が俺を気持ちよくしてくれよ……」
 徹大と見つめ合う。その瞳はたしかに欲情している。
 うれしい。てっちゃん。俺で気持ちよくなって。



ランキングサイトに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
拍手をいただけると大変嬉しいです。




関連記事
Posted by麻斗結椛

Comments 1

There are no comments yet.
ふわこ  

幼馴染シリーズ読めて嬉しいです、ちょうど一年ぶりですよね!
私かなり瑞樹もこのお話も好きなんです。
今回はどんな展開になるのか(╰(*´︶`*)╯♡
楽しみにしてます!
てっちゃん、いじめた態度をやめられないのって
どんだけ瑞樹がかわいいお顔をするのかと。読み返しました。
このCPも好きです。
潤にも好かれて(*´-`)
鈍感なだけできっとモテますね瑞樹クン。
ちょうど七夕の季節なのも素敵です☆

2017/07/07 (Fri) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply