天使の翼 02

麻斗結椛

-
 ※ ※ ※



 あと少しで受験という時期になって、兄貴は塾通いを始めた。
 両親は「やっと伊織がやる気になった。これも聖人くんのおかげ」と手放しで喜んでた。

 放課後、俺は友だちとの外遊びを早々に切り上げて家に帰る。
 日が短くなったのも理由だけど、それだけじゃない。

「ただいま!」  
「おかえりー」

 居間から聞こえる呑気な声。

「聖人!」

 どろだらけの靴下のまま、俺は廊下を走って、居間のふすまを勢い良く開ける。
 炬燵にちんまり座っている聖人の可愛い顔が、俺を出迎えてくれるんだ。

 この頃聖人は、兄貴がいなくてもうちに入り浸るようになっていた。
 親父やおふくろも、我が子のように聖人を可愛がってたし、居心地が良かったんだろうね。

 俺にとって、兄貴の不在はラッキータイム。
 だって可愛い聖人を独り占めできるのだから。

 真面目な聖人は、いつも勉強か読書をしていた。

「聖人、母ちゃんは?」
「おばさんは事務所でお仕事してるよ」

 事務全般はおふくろが担っているから、締めの時期はかなり忙しい。
 キッチンテーブルの上には、ラップをした夕飯が並べてある。
 自分でチンして食べろってことか。

「やった。聖人、ゲーム! ゲームやろうぜ」

 おふくろは元ヤンのくせに、俺には勉強しろとかなりうるさい。
 どうせ後で怒られるのは分かっているけど、ゲームの誘惑に勝てないんだよね。

「健くん、宿題、まだしてないよ」

 俺は宿題をサボりがちだった。
 宿題をしないまま学校に行くと、昼休み、罰として体育館の片隅でみんなが遊ぶ姿を見せられながら、サボったプリントをさせられると分かっていても、だ。
 
 聖人は厳しい。
 やるべきことをやらないと、俺にゲームをさせてくれないんだよ。
 
「後でするからさあ。なあ、ゲーム、しようよ。マ◯オの新しいの、こないだ買ったんだぜ」

 聖人はうちに来るまで、ゲーム機で遊んだ経験がなかったらしい。
 それを聞いた時、俺は相当びっくりしたんだけど、俺が手取り足取り教えてやってる。
 この時ばかりは、俺が聖人のお師匠さまだぞって威張れるんだ。

「……だめだよ。宿題のプリント持っておいで」

 あ。ちょっと間が開いた。
 聖人もゲームしたいんじゃん。
 でもすぐに切り替える。
 聖人って、ほんと、クソ真面目だよなあ。

「ゲームより僕と一緒に宿題やろうよ、ね?」

 小首をかしげる聖人は、クラスの女子なんかより百倍可愛い。
 発言内容は厳しいけど、言い方が優しいから、ふわっと耳に届く。
 同じお小言をおふくろに言われても反発しちゃうけど、聖人だとなぜか素直に言いなりだ。
 
「ふえーい、わかったよ。やればいいんだろ、やれば」

 俺はふてくされながら、聖人の斜め向かいに座って、おとなしく算数のプリントを解き始めた。

 俯いたまま、こそっと上目遣いで聖人を伺う。
 英語の教科書を見ている聖人は、小さな声で書かれているテキストを読み上げている。
 
 うわあ、長いまつげ。くるんって先が丸まってるよ。
 鼻はあんまり高くないんだよなあ。でも小ぶりで可愛い。
 そして何より注目すべきは、口元なんだ。
 男にしては小さなサイズ。さくらんぼみたいな綺麗な赤色。ぷるんってしてる。
 
 これで男って、詐欺だよなあ。
 本当は女じゃないのか?

 すぐに集中力が切れる俺は、聖人を盗み見してうっとりしていたら、聖人がこちらを見てぎくっと肩を竦めた。




ランキングサイトに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
拍手をいただけると大変嬉しいです。




関連記事
Posted by麻斗結椛