天使の翼 05

麻斗結椛

-
 ※ ※ ※


 澄玲は瑠璃ちゃんの実家で育てられた。
 兄貴は学校が休みになると瑠璃ちゃんちに帰省して、瑠璃ちゃんと澄玲を連れて、うちに帰ってくる。
 月に二回くらいだったかな?
 俺が知っている二人は、デキ婚とはいえ仲睦まじかった。
 今の俺と同じ年頃で、遊びたい盛りだったろうに、澄玲の育児を優先させて、本当に二人ともいい親だと思ってた。

 だからこそ、聞けなかった。 

 聖人はもう、うちに来ないのか?

 いつの間にか聖人は、我が家にとってタブーな存在になっていた。
 はっきり聞いたわけじゃないけど、瑠璃ちゃんのことと無関係じゃないとうすうす感じているから、誰にも聞けない。

 聖人を忘却の彼方に置くしか、なすすべがなかった。
 元来能天気な俺は、聖人を早々に思い出にして、学校生活と恋愛を楽しんだ。

 結局初カノとはキスはしなくて、初めてのキスは、中学一年生の時の二人目の彼女。学年で一番可愛い女の子。

 顔は兄貴似でも、性格はかなり純情だったから、俺は兄貴みたいに童貞喪失は早くなかった。
 初めて女の子とセックスしたのは、高校一年生の時。
 相手は同じ高校の、一つ年上の先輩。
 野球部のマネをやっているすごくきれいな人だった。
 初体験はすごく気持ちよかったのを覚えている。
 それからカノジョは頻繁に変われど、特に修羅場になることも途切れることなく、のほほんとした高校生活を俺は送った。

 それでも時折、聖人が夢に出てきた。
 夢の中の聖人は十三歳のままで、いつの間にか俺は年齢も背も聖人を超えていて。

 聖人、俺に会いに来てくれたの?

 声を掛けても、聖人は微笑むばかりで何も言わない。

 なあ、なんでうちに来ないんだよ。俺、待ってるんだぜ。

 聖人は困ったようなはにかんだ微笑みを見せて、踵を返して。
 あるはずのない背中の翼を羽ばたかせて、ふわりと飛んでいってしまう。

 伸ばした手は、いつも彼に届かない。


 ※ ※ ※


 俺が部活や恋にと青春を謳歌していた去年、兄貴と瑠璃ちゃんは、四年間の結婚生活にいきなり終止符を打った。

 え? なんで? すげえ仲良かったじゃん。
 俺にとっては青天の霹靂。
 だけど両親は止めることも、取り乱しもしない。
 その冷静さがかえって薄気味悪かった。
 
 一番驚いたのは離婚の理由。
 瑠璃ちゃんが浮気したって言うじゃないか!
 これが兄貴のそれが原因ならうんうんと深く頷くところだけど、兄貴は結婚後は本当に家族を大事にしていた。
 でも瑠璃ちゃんだって兄貴に尽くしていたし、澄玲を目に入れても痛くないほど溺愛していたのに、どうして?
 
 だけど俺は離婚の真相を知らないままだった。
 おふくろに聞けば教えてくれただろうけど、聞いたところで離婚の事実は覆らないし、あえて尋ねるのは野次馬根性みたいで恥ずかしかったんだ。

 澄玲の親権で少し揉めたみたいだけど、瑠璃ちゃんが浮気相手の子どもを既に妊娠していることもあって、兄貴が親権を持って、澄玲を引き取った。

 離婚後、てっきり実家に舞い戻ってくるのかと思いきや、兄貴は澄玲との二人暮らしを続けている。



ランキングサイトに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
拍手をいただけると大変嬉しいです。




関連記事
Posted by麻斗結椛