I wish for 04

麻斗結椛

-
 ※ ※ ※


 帰宅して、すぐに風呂を沸かす。
 どちらが先に入るかで揉めて、じゃんけんで三敗したほうが先に入ることにした。
 結果は聖人の全勝。
 俺は後でいいのに、とぶつぶつ文句を言いながら、伊織が風呂場に向かった。
 だがすぐに出てくる。
 あいかわらずカラスの行水だ。
 真冬だというのに、首からタオルをかけて、上半身は裸。
 下は、寝間着代わりのハーフパンツを履いている。
 細身で綺麗な筋肉を纏った体躯は、凶悪なほどに色っぽくて、何度見ても慣れない。
 僕も入ってくる、とさっと目を逸して、入れ違いに脱衣所に逃げ込んで、ふうっとため息をはいた。
 聖人も緊張しているのだ。
 いまさら初心ぶるつもりはないけれど、何度経験しても恥じらってしまうのはどうしようもない性分だ。
 脱衣所で全裸になり、風呂場の扉をあけるとむうっと熱い蒸気が身体を包む。
 湯船につかって、ほうっと深い息が漏れる。
 これって無意識にストレス解消してるんだっけ……とどうでもいい豆知識が頭を過る。
 しばらく湯船に浸かっていたら、うとうとして、頬がお湯に触れたはずみで目がぱっちりさめた。
 慌てて湯船を出て、体中を念入りに洗う。
 もちろん挿入される場所を洗浄、慣らすのも忘れない。
 思ったより長風呂になってしまい、のぼせる寸前だ。
 パジャマを着て、ぱたぱたダイニングに行くと、伊織の姿がない。

「あれ……?」

 寝室として使っている和室の襖が開いている。
 そっと覗いてみると、伊織は上半身裸のまま、仰向けに眠っていた。

「風邪引いちゃうよ」

 伊織は少しだけ横になるつもりだけだったのだろう。
 掛け布団の上に寝てしまっている。
 聖人は自分が使っている掛け布団をそっと伊織にかけた。
 健やかに眠る伊織の顔を眺める。

 聖人の我儘を叶えるために、空港まで付き添ってくれた伊織。
 和也と聖人の関係に不安を覚えたと、弱音を吐いた伊織。

「ごめんね……」

 起きている時よりも、幼い顔つき。
 突然、愛おしさが募って、胸がきゅうっとしめつけられる。
 
「伊織くん……好きだよ」

 頬にちゅっと唇を落とした。
 少し身動ぐが、起きる気配はない。
 熟睡しているようだ。
 聖人とエッチをするんだと楽しみにしていたのに、と思うと微笑ましい。
 寝ている人を無理やり叩き起こしたくない。
 少ししたら起こしてあげよう。
 それまで添い寝していいかな。
 そっと布団をめくり、伊織の隣に寄り添う。
 温もりとほのかなボディソープの香り。
 風呂場で眠ってしまったのと同じ原理だろう。
 リラックスした聖人はすぐに眠りに落ちてしまうのだった。



ランキングサイトに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
拍手をいただけると大変嬉しいです。




関連記事
Posted by麻斗結椛