なんて幸せな、ニューイヤーズ・イブ 3 (最終話)

麻斗結椛

-
「おい!」

 センセイが慌てている。
 ふふ、なんだか、楽しいな。
 センセイなんて、もっと困ればいいんだ。
 気が大きくなった僕は、勝手におかわりした。

「なにしてる!」

 センセイが徳利を取り上げる前に注いで、あっという間に飲んでしまった。

「たちばなー……」

 センセイが頭を抱えてる。

「センセー、お酒って、おいしいんだね。僕、もっと飲みたい。おかわり、もう、ないの?」
「おいおい、勘弁してくれよ」
「なんで? センセイが飲めって言ったんじゃないかあ」
「あー……、もう、おちょこ二杯で酔っ払うなよ。酒癖、悪いな、おまえ」
「僕、酔っ払ってません! すっごい気分がいいだけです!」

 頭の芯がぼうっとする。熱があるみたいだ。でもちっとも苦しくない。
 身体がふわふわ浮かんでいるみたい。
 さっきまであんなに落ち込んでいたのが嘘みたいに、今、この状況が楽しくてたまらない。

「それが酔ってる状態なんだっての。あー、とりあえず、水飲ませなくちゃ」

 センセイが立ち上がろうとした。

 やだ、どこ、行くの?
 僕を一人にしないで。

「え! どうした、橘」

 気がついたら僕は、センセイの腰あたりにしがみついていた。

「やだー、センセイ、ここにいてー」
「すぐ戻ってくるって」
「センセイ、好きなの。こんな酔っぱらい、もう、きらい?」

 ジェットコースターみたいに気持ちが乱高下する。
 センセイを好きすぎて、苦しい。
 相手にされてないのは、分かってる。
 物珍しさからの、高校限定の、恋人ですらない、名前のつけられない関係。
 それでもいいから、傍にいさせてもらってるのに。

「橘」

 センセイはため息をこぼして、椅子に腰を下ろした。
 両手で軽々と僕を抱き上げて、センセイをまたぐよう向かい合わせに僕を座らせ、僕をじっと見つめた。

「きらいになんてならないから、落ち着きなさい」

 センセイは両方の二の腕を、大きな手のひらで撫でる。
 まるで駄々をこねた子どもを慰めるようだ。

「僕、子どもじゃ、ない」
「ああ。子どもじゃない。でも俺の大事な生徒だ」

 生徒。
 それって、学校には僕以外にもっとたくさんいるよね。

「……他の子も大事なくせに」

 センセイは、基本誰にでも優しい。
 僕なんか、ワンオブゼム、だ。

「よく聞け、橘。俺は、ここに、友人すら呼んだことはない」

 え?

「俺の言ってること、分かるか?」

 今頃になって、急に眠気が襲ってきて、思考がまとまらない。
 頼りなく頭を横に振りながら「分かんない」というのが、精一杯だ。

「うちに上げたのはおまえだけだよ。それでも大事にされていないって思うか?」

 真剣な眼差しが、僕を射抜く。
 嘘は、言っていない。
 そう思った。けど。

「センセイ……かっこいい」
「ふっ……何言ってんだ」

 僕のとんちんかんな言葉に、センセイが、笑う。

「センセイ、笑った。うれしい」
「おまえがかわいいこと言うからだ」

 そう言って、センセイは僕をぎゅうっと抱き締めてくれた。
 センセイの胸に顔を埋める。
 ずっとこうしていたいよ、センセイ。

「僕……ちょっとは大事?」
「はあ……まだわからないか。まあ、いい。今日はもう寝ろ。ほんと、酒飲ませて悪かった」
「やだあ、センセイと紅白見るんだもん」
「おまえなあ、俺を萌え殺す気か」

 センセイを殺したりなんかしないよ。
 こんなに大好きなんだよ?
 いつか恋の病で死んじゃうのは、僕のほうだ。

 いつの間にかお姫様抱っこされてた僕。
 背中にふわりと柔らかい感触。
 あ。ここ、センセイのベッドだ。
 初めて、寝る。うれしい。
 センセイの匂い。いい香りだ。
 まるでセンセイに包まれているみたい。
 きっと今の僕は、最高にうれしくて、にやついているはず。

「幸せそうな顔して」

 やっぱり、センセイにも、そう見える?
 うん。僕、すごくうれしいんだよ。

「おまえはほんと、華奢だなあ……もうちょっと太ってくれないと、抱き壊しそうで怖いよ」

 あれ、服、脱がされてる。
 夢現の状態だから、よくわからないけど。
 何かが、僕の腕や腹を、優しく撫でる。
 暖かくて、気持ちいい。
 もっと撫でてほしい……。 
 
「あと一年と少し……俺の我慢との戦いは、続くわけか」
 
 ん? センセイの、独り言、意味がわからないよ。

 そして、僕の願いは虚しく、優しいマッサージは終わってしまう。
 再び、何かに包まれる。
 センセイのパジャマかなあ。うちとは違う洗剤の香りがする。
 
「さて、食器でも洗ってくるか……どうせ食えない据え膳だし。卒業したら、覚悟しとけよ……聖人」  
 
 え? センセイ、僕の名前、呼んでくれた?
 うれしい! 夢みたいだ。

 それでもいい。 
 こんな幸せな大晦日、生まれて初めてなんだもん!



   

和也と聖人。本編では別れましたが、パラレルでは両片思い。
恋人じゃない二人の、ぎりぎりなイチャイチャを書くのが楽しくて、一日で書き上げました。

今年一年、ブログとエブリスタで、拙作にお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

来年こそは、もう少し上手に、感動してもらえるBL小説を書けるようがんばりますので、引き続きお付き合いいただければ、幸いです。

みなさま、良いお年をお過ごしくださいませ(*^_^*)

麻斗結椛




ランキングサイトに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
拍手をいただけると大変嬉しいです。




関連記事
Posted by麻斗結椛